2017年6月12日月曜日

ユルゲン・クロップ語録

fifa.comの記事の部分翻訳です。

元記事は、They said It: Jurgen Klopp (fifa.com, 2016/04/07)です。

クロップ監督の名言・語録、その英文と和訳を両方載せます。

会話文の語尾は、激情家でユーモアたっぷりなクロップ監督を意識しました。(ちょっと若いかな)






「正直言って、私にとってサッカーは90分間致命的に深刻で、そしてそれだけだ。サッカーの周りで繰り広げられているサーカス全体、こうあるべきと作られた主人公たち、あるいはその他全てだろうか?明らかにすべて狂っているよ。ただ幸運にも私には、それが何であるかを見ることができる程度には知性がある。だから私は、課題へのよりユーモラスなアプローチを好む傾向にあるんだ。」
メディアによってサッカーにかけられている「覆い」についての考え。

“Honestly, for me, football is deadly serious for 90 minutes and that’s it. The whole circus that’s built up around it, the protagonists who are made out to be this, that, or the other ? it’s all crazy, obviously, and happily I’m smart enough to be able see that for what it is. So I tend to prefer a more humorous approach to the subject.”
His views on the way football is covered in the media



「私は『ノーマルワン』だ。ブラックフォレスト出身の普通の男だよ。非常に平均的な選手だった。だから私は、自分自身を過去の天才監督達とは比較しないよ。」
ジョゼ『スペシャルワン』モウリーニョと比較された後で。

"I am 'The Normal One'. I am a normal guy from the Black Forest. I was a very average player. I don't compare myself with these genius managers from the past."
After being compared to Jose 'The Special One' Mourinho



「残念なことに、私の選手時代、頭の中にあるものをピッチに反映させる事は決してできなかった。私には地域リーグ用の選手としての才能と、ブンデスリーガ用の頭脳があったんだ。結局私は、(選手としてのキャリアを)2部リーグで終える事になったよ。」
ディフェンダーとしての彼の才能について。

"Unfortunately I was never able to transfer what was in my head onto the pitch during my playing career. I had the talent for the regional leagues and the brain for the Bundesliga - so I ended up in the second division."
On his qualities as a defender



「私の能力は、彼と比較していくらか限定されていたね...」
元ドイツ代表のストライカー、ユルゲン・クリンスマンについて。

"My abilities were somewhat limited in comparison with his…"
On former Germany striker Jurgen Klinsmann



「私は、(選手時代の)十分に長い時間、貧しいサッカーに我慢しなければならなかった。主に自分自身のね。」
選手時代とは対照的な、コーチとしての彼の野望について。

"I've had to put up with poor football for long enough - mainly my own."
On his ambitions as a coach as opposed to a player



「私が17歳か18歳の時だったかな。」
昨シーズンの早い時期、ドルトムントと共にブンデスリーガの首位を一時的に引き継いだ後で、彼が「一夜の男」であったかどうか尋ねられた時に。

"Maybe that was the case when I was 17 or 18."
When asked whether he was a 'one-night man' after temporarily taking over the leadership of the Bundesliga table with Dortmund early last season



「私達は依然として選手達に直接電話することを奨励されている。私達が選手達の代理人にオファーする場合、彼らは通常、私達が彼らの足を引っ張っていると考えるのさ。」
マインツの選手移籍(靴紐転送)ポリシーについて

"We're still encouraged to phone players directly. If we make their agents an offer, they usually think we're pulling their leg."
On Mainz's shoestring transfer policy



「ファンが感動を欲しがり、そしてチェスの試合を見せられるなら、新しいスタジアムを見つけないとね。60,000人のドルトムントのファンは、指遊びをしながらそこに座りたいとは思わない。彼らは情熱を見たいんだよ!」
ボルシア・ドルトムントのファンの考え方について。

"If the fans want emotion and you give them a game of chess, one of you is going to have to find a new stadium. 60,000 Dortmund fans don't want to sit there twiddling their thumbs. They want to see passion!"
On the mentality of the Borussia Dortmund fans

※ ”twiddling their thumbs”を「指遊び」と意訳した。




「我々には弓と矢がある。もしうまく狙いをつける事ができれば、目標を撃ち抜ける。問題は、バイエルンがバズーカを持っている事だ。でも、ロビン・フッドはかなり成功したよね。」
バイエルンミュンヘンに狙いをつけるドルトムントについて。

"We have a bow and arrow and if we aim well, we can hit the target. The problem is that Bayern has a bazooka ? but then Robin Hood was quite successful."
On Dortmund taking on Bayern Munich



「5つ星ホテルで目が覚めた時、その心地よさは、闘争心を焚き付ける事を簡単にはしない。過大な心地よさは、選手達を満足させてしまうんだ。」
現代のサッカー選手たちが直面している「困難」の一つについて。

"It doesn't make it any easier to run your heart out when you've just woken up in a five-star hotel. Too much comfort makes you comfortable."
On the 'difficulties' facing modern footballers



「ミュンヘンで最後に勝ったとき、これらの選手のほとんどはまだ乳飲み子だったんだよ。」
ほぼ20年が経過しての、ドルトムントのバイエルンでの初戦の勝利に続けて。

"When we last won in Munich, most of these players were still on breast milk."
Following Dortmund's first victory at Bayern in almost 20 years



「彼はグアルディオラのお気に入りなので、ここを離れることになっている。もし誰かのせいであるなら、それは私だ。私は自分の身長を短くして、さらにスペイン語を学ぶことはできない。」
マリオ・ゲッツェのバイエルン入団について。

"He's leaving because he's Guardiola's favourite. If it's anyone's fault, it's mine. I can't make myself shorter and learn Spanish."
On Mario Gotze joining Bayern



「それは心臓発作のようなものだった。マラガ戦の勝利後のある日の事だった。お祝いのための1日で、誰かが『もう十分だ。元に戻れ』と考えたのさ。」
UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝でマラガを破ったアディショナルタイムの2ゴールの後で知らされたゲッツェ売却のニュースへの彼の最初の反応。

"It was like a heart attack. It was one day after the win over Malaga. I had one day to celebrate and then somebody thought, 'Enough, go back down on the floor'.”
His initial reaction to the news of Gotze's sale, coming shortly after hitting two injury-time goals to beat Malaga in the UEFA Champions League quarter finals

※この和訳には自信がない。



「我々はヘディング練習用の振り子では練習しなかったよ。残念ながら、低く設定することができないんだ。」
小柄な香川真司がFCカルパティ・リヴィウ相手に(ヘディングで)先制点を決めた後で。

"We didn't practise with the heading pendulum. Unfortunately you can't set it that low."
After the diminutive Shinji Kagawa scored a header against Karpaty Lviv



「極端な状況では、すばやく考えないといけない。仲間内の男だけのパーティーで、私たちは皆、サンタクロースの服装をしたよ。ヒゲもつけてね。」
人前では控えめでいる事について。

"In extreme situations, you have to think fast. At one of my mates' stag parties, we all dressed up as Father Christmas - fully masked!"
On remaining discreet when out in public



「テレビに映っている自分を見ると、時々自分が怖くなるんだ。」
タッチライン上での、感情(情熱)をほとばしらせる、時には攻撃的な自身の振る舞いについて。

"Sometimes I scare myself when I watch the pictures back on television."
On his extrovert and sometimes aggressive demeanour on the touchline



「私が若い頃、今回のような環境でいつも遊んでいたかったが、母親が洗濯をしたくなかったので、許してもらえなかった。今や、かつて望んでいた環境で遊ぶことができるが、今は誰も望んでいないんだ。」
フライブルクの泥の中でプレーしているボルシア・ドルトムントについて。

※最後の文には苦笑が似合う。

"When I was younger, we always wanted to play in conditions like this, but we were not allowed to because mum didn't want to do all the washing. Now we can play in these conditions, but nobody wants to."
On his Borussia Dortmund team playing in the mud at Freiburg



「ここが汗臭いなら、私のせいだね。試合はとてもエキサイティングだった!」
シャルケの監督フレッド・ルッテンへ。2008年の3-3のダービー、試合後の記者会見に向かう途中で。

"If it smells of sweat in here, it's me. The match was just so exciting!"
Klopp to his Schalke counterpart Fred Rutten in the lift as they made their way to the post-match press conference following a 3-3 draw in 2008



「自分がどのくらいの頻度でヒゲを剃るのか知らないんだ。定期的ではないね。とにかく朝の鏡で自分自身を見ることはできないんだ、近視が強すぎてね。」
絶え間なく変化するクロップのヒゲに隠された秘密。

"I don't really know how often I shave. There's no regular rhythm. I can't see myself in the mirror in the morning anyway - I'm too short-sighted."
The secret behind Klopp's ever-changing facial hair



「あなたがサッカーをやっと理解する日と同じだろうね!」
ネルソン・バルデスが最終的にクラブを離れるのはいつなのかという質問への反応。

"The same day you finally understand the game of football!"
In response to the question of when striker Nelson Valdez would finally leave the club



「もちろん!ワールドカップの間は、精肉店の常連客だったね。いつもバーベキューのための何かを買ったよ。」
まだ自分で買い物に行くかどうかを尋ねられた時。

"Of course! I was a regular customer at the meat counter during the World Cup. I always picked up something for the barbecue."
When asked whether he still goes shopping



「彼は本当に傑物だよ。私は彼が好きだ。彼こそがアルセン・ウェンガー卿だ。彼は「こんにちは」(握手のジェスチャーをする)と言ってくれる。ただ、彼はボールを持つ事を好み、サッカーをして、パスをする...まるでオーケストラのようだ。しかしそれは静かな音楽だ。私はヘビメタの方が好きだね。私はいつも騒がしくしていたいんだ。私はアーセナルのスタイルが大好きだが、私は(ベンゲルとは)違う男だからコーチできない。試合中の私を見れば、我々のチームがボールにプレスをかけ、奪い去った時に大喜びの私を見ることができるよ。サッカーを楽しむためには、これ(大喜び)をやらないと!直近の4年間を考えて、もし4歳児の私が最初に見たサッカーチームがバルセロナと仮定したなら?彼らのサッカーの静けさときたら。彼らは5-0や6-0で勝つかい?(彼らのサッカーをやるくらいなら)私はテニスをやっていただろう。これは私のやるスポーツじゃないよ。私は80%のボールポゼッションで勝つのが好きじゃないんだ。悪いけど、私には十分じゃないんだ。静かなサッカーではなく、激しく戦うサッカーこそが好みなんだ。ドイツで”イングランドサッカー”と呼ばれるもの、雨の日、重いピッチ、5対5、皆顔が泥で汚れ、家に帰ったら何週間もサッカーができなくなるような、そんなサッカーだね。」
サッカーの中で彼が愛するモノへの深い洞察と哲学について。

"He is really something. I love him. He is Sir Arsene Wenger. He is hello (makes a handshake gesture). But he likes having the ball, playing football, passes... it’s like an orchestra. But it is a silent song. I like heavy metal more. I always want it loud. I love Arsenal’s style, but I cannot coach it because I am a different guy. If you watch me during the game I celebrate when we press the ball and it goes out. To enjoy football you have to do this. If, over the last four years, Barcelona were the first team I saw playing when I was four years of age ? this serenity of football, they win 5-0, 6-0 ? I would have played tennis. It is not my sport. I don’t like winning with 80 per cent of possession. Sorry, that is not enough for me. Fighting football, not serenity football, that is what I like. What we call in German 'English' football ? rainy day, heavy pitch, 5-5, everybody is dirty in the face and goes home and cannot play for weeks after."
Giving a deep insight into what he loves in the game and his philosophy



にほんブログ村 サッカーブログへ
クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...