2016年11月17日木曜日

【J1】 2016年シーズンのJ1、ホーム・アンド・アウェーの勝敗数と勝点

J1の2ndステージ第17節が終わり、多くのJ1クラブがシーズンを終えました。(ちょっと遅いですけど(汗)

2016年シーズンのまとめの一環として、J1クラブ、全34節のホーム・アンド・アウェーの勝敗数を紹介します。

データは、1試合ずつの勝敗、ホームかアウェーか、先制点の有無、得点と失点を、手入力しました。

各クラブの年間の勝敗数、ホームとアウェイの試合数は確認しています。



結論から言うと、2016年シーズンのJ1の勝敗については、ホーム・アンド・アウェーの顕著な差はありませんでした。

過去の海外リーグ(1999-2000シーズン)では、ホーム・アンド・アウェーで2倍近い勝利数の差が報告されていますが(下記の参考ページの新潟大学の論文)、2016年のJ1では全くそんな事はありませんでした。

次の表では、各クラブのホーム・アンド・アウェーにおける勝敗数と勝点をまとめました。

2016年シーズンのJ1、ホーム・アンド・アウェーの勝敗数。

個々のクラブについては、ホームとアウェイでの差が「ある事もあり」ます。

ホームとアウェイでの勝利数の差が最も大きいのはFC東京で、ホームで9勝、アウェイで6勝です。

逆に、大宮と横浜は、アウェイの勝利数がホームより3勝多くなっています。

一方で、川崎の勝敗数はホームとアウェイで全く同じですし、浦和、G大阪(脚)、広島や名古屋は、勝利、引分、敗北の数が少し違う程度です。


そして、全クラブの勝敗数を合計すると、ホームとアウェイにおける勝利と敗北の数は全く同じになりました。

結果的に2016年シーズンのJ1では、「ホーム・アンド・アウェーの差」は無かったという事になります。

(例えば、ホームチームが3試合に2度勝ち[アウェイチームが負け]、アウェイチームが3試合に1度勝つ[ホームチームが負ける]場合、ホームの合計勝利数と合計敗北数の比は2対1になります。今回はそのような差が見られないので、ホーム・アンド・アウェーの差が無い事になります。)

ちなみに、各節ごとに9試合で、合計34節あるので、試合数の合計は306試合になります。

表中のホーム(アウェイ)のみの試合数を合計すると306試合になります。



さらに、ホーム・アンド・アウェーの勝点のグラフを作ってみました。

勝点は、勝利で3、引き分けで1、敗北で0、として計算しました。

2016年シーズンのJ1、ホーム・アンド・アウェーの勝点のグラフ。

この勝点のグラフを見ると、浦和、神戸、東京のホームでの勝点が目立っていますが、一方で大宮、横浜、湘南のアウェイでの勝点も目立っています。

他のチームに至っては、ホームとアウェイの勝点の差は目立ちません。

名古屋と新潟の勝点が並んでいるのが悲しい…。(´・ω・`)



改めて書きますと、2016年シーズンのJ1全体としては、ホーム・アンド・アウェーの影響はほとんどありませんでした。

こうなってしまった理由は私にはさっぱり分かりませんので、これ以上は書かずにおきます。

次は、先制点の有無と勝敗の関係について調べます。



参考ページ


1993~1998年「ホームゲーム&アウェーゲーム勝率」(湯浅健二の「J」データ分析)
各国プロサッカーリーグにおけるホームゲームとアウェーゲームの勝率、得失点差の違い (森 恭、新潟大学)
【急募】Jリーグのホーム成績を上げる方法 [無断転載禁止]©2ch.net (2ちゃんねる過去スレッド)
サッカーの試合ってホームとアウェイどっちが有利?~Jリーグの過去の勝率の分析~ (In to the moratorium)



にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...