2015年12月22日火曜日

FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2015 観戦メモ #3 サンフレッチェ広島対リバープレート

試合前。待ち時間が長くて、寒かったです。



試合前のアップの風景。佐藤寿人選手とミキッチ選手は、髪型で分かりました。


 試合展開の概要についてはgoal.comマッチレポートなどを読んで下さい。試合自体については、サンフレッチェに何度かチャンスはあったものの、ゴールは無く、1-0でリバープレートの勝利でした。

まさに私達の目の前のゴールで、サンフレッチェは前半に決定機を外し、後半にリバープレートがセットプレーからの得点を決めました。もう周りの皆さんと一緒になって、「ああ~」、「ああ~」、「ぎゃあ~」と叫んでました(^_^;)。試合終了後には、前半のチャンスに決まっていればなぁ(´;ω;`)、と思わずにはいられませんでしたよ。

サンフレッチェの守備は前半からよく機能していました。センターラインからペナルティエリアの間に5-4-1を設定して、そこでボールを絡めとってからの速攻はまさに狙い通り(?)だったと思います。そのエリア内でのリバープレートの選手たちのダッシュには何度もひやりとしましたが、目立った不運も起きず、やり過ごす事ができました。

 後半は、交代からチームの調子が狂っていった印象を受けました。最初はサンフレッチェの守備も機能していました。しかしその後、ドウグラス選手が自陣から相手ゴールまで2度ほど駆け上がった後で、ドウグラス選手はかなり消耗し、5-3-1になっている時もありました。 結局ドウグラス選手は交代せず、ミキッチ選手、佐藤選手、浅野選手が交代で入ってきたのですが、パスをスペースに入れて選手を走らせる速攻ではなく、選手の上がりを待って攻撃を組み立てようとして、それがうまく行かなかった印象でした。そして最終的には、リバープレートがコーナーキックから得点、という流れになってしまいました。

 交代については、私に正解が言えるわけもないのですが、ただ前半のチャンスが決まっていたらな~(´・ω・`)という試合でした。まぁ、3位決定戦では、ドウグラス選手の2得点で広州に逆転勝ちできたので、良かったです。サンフレッチェ広島の選手、スタッフとサポーターの皆さん、CWC3位、おめでとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...