2017年4月26日水曜日

【J2】予習、ザスパクサツ群馬(2017年4月29日対戦)

4月29日(土)、名古屋グランパスはザスパクサツ群馬と対戦します。

19:00キックオフ、正田醤油スタジアム群馬。(「しょうだ」です。「まさだ」ではありません。)

名古屋が上位で生き残るために、ぜひ勝って欲しい相手です。


ザスパクサツ群馬公式ホームページ





ザスパクサツ群馬とは


ザスパクサツ群馬(Wikipedia)
ザスパクサツ群馬(ニコニコ大百科)

2005年にJ2に加入、13シーズン目です。


2016 明治安田生命J2リーグ 順位の推移(ULTRAZONE)

2016年の順位の変遷を調べてみると、開幕2連勝を飾り、第1節と第2節では1位でした。

しかしその後に転落、第24節で最下位となります。

第27節からの3連勝で15位まで順位を上げ、最終的には17位となりました。

天国から地獄へ、そして地獄脱出、という心境でしょうか。


2016年シーズンの群馬の戦績は、11勝12分け19敗、勝点45の17位、52得点66失点でした。

52得点はリーグ8位、しかし一方で、66失点は21位と、攻撃は良かったものの守備に難ありのシーズンでした。




今シーズンの群馬


今シーズンの群馬は最下位であり、21位以上のチームに離されています。

21位の讃岐は1勝4分け4敗ですが、22位の群馬は0勝1分け8敗です。

去年の名古屋もつらい時期がありましたが、群馬は開幕6連敗を喫し、第7節の千葉と引き分けたあとは2連敗です。

今シーズンの試合結果(Football LAB)を眺めると、複数得点がなく、無失点もありません。

4得点18失点はともにリーグ最下位です。(得点の21位は金沢の6得点、失点の21位は京都の14失点。)


基本戦術については、第7節の千葉戦のマッチレポート(jleague.jp)に、次のように書かれています。

”最終ラインを高く設定し、前線からプレスを掛ける「今シーズンのスタイル」(高井 和馬)で、全敗中のチームとは思えないアグレッシブな戦いを見せる。”

試合開始後の展開としては、これまで多く見てきたように、名古屋がパスを回し、相手チームがプレスをかけてくる事になりそうです。

ただ群馬のスタッツを見ると、インターセプト数の1.3は、J2では21位です。




選手達


今シーズンの群馬は、森下仁志監督が就任し、15名以上の選手の入れ替えがありました。


2016年シーズンにゴール数アシスト数を残した選手については、13ゴール(チーム得点王)の瀬川選手が大宮に移籍し、4ゴール3アシストの中村選手が山形に移籍しました。

群馬はこれまでに4得点しており、3得点が高井選手、1得点が岡田選手です。

両者は新加入であり、新加入の選手が結果を出すのは喜ばしいですが、去年活躍した選手達の結果も望まれます。


守備では、2016年シーズンに29試合以上に出場したDF4人の内、乾選手が長崎に移籍しました。

今シーズン、4人の内の1人である舩津選手は先発で起用されていますが、坪内選手と高瀬選手は試合に出ていません。

2016年シーズンの守備力を考えると新しい選手達を使って当然ですが、まだ不安定のようです。




攻撃成功率



去年の1試合平均ゴール数では名古屋よりも良かった群馬ですが、今年の平均値は0.4とひどい値です。

原因は何かと諸数値を見ていくと、枠内シュート本数に対してのゴール数の割合(ゴー/枠内)が15%以下です。

大抵のチームはここが33%前後の印象で、枠内シュートの3本に1本はゴールになります。

しかしこれが半分程度の割合のため、枠内シュートの6本に1本のみがゴールになる計算です。

シュート本数に対するゴール数の割合(ゴー/シュ)に至っては4%をきっており、ゴールは26.7本に1本の計算です。(普通、よく言われるのは、10本に1本)

シュートを撃つシチュエーション(ゴールに対しての距離と角度など)、あるいはシュートの種類に問題がありそうです。

あとは、攻撃回数に対するシュート本数の割合(シュ/攻撃)や、シュート本数に対する枠内シュート本数の割合(枠内/シュ)なども少し低く、攻撃に改善が必要です。


Football LABの群馬の得点失点パターンを見ると、4得点のうち、「セットプレーから」が2得点、「こぼれ球から」が1得点、「その他」が1得点となっています。

一方で18失点の内訳は、「その他」で5失点、「クロスから」4失点、「PK」で3失点、残りは「30m以上のパスから」以外で1失点ずつしています。

失点パターンの定義をみると、「その他」とは「オウンゴールやシュートが味方に当たって入った場合など」と書かれています。

この失点パターンを考慮すると、名古屋は自分達のスタイル通りに攻撃し、クロスも交えて積極的にシュートを撃つ事が第一でしょう。



なお、正田醤油スタジアム群馬には、屋根がありません。

正田醤油スタジアム群馬(日本一役に立たないスタジアムガイド)

天気が怪しいようでしたら、装備にはご注意を。

またグーグル検索では、「"施設の規模に比べて駐車場が少ないのでザスパの試合がある日は朝から大渋滞します。"」という口コミも見られました。

群馬県と言えば、温泉王国で、愛知県とはちょっと違う味噌文化で、ネット上で「グンマー」とネタにされてて、特殊なカルタがあって、運動会の組分けが「山々の名前」になっており、「ぐんまちゃん」が可愛いです(実は2代目らしい)。

GWに遊びに行かれる方々は、道中お気をつけて。




にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...