2017年2月21日火曜日

サー・アレックス・ファーガソン語録

fifa.comの記事の部分翻訳です。

元記事は、They said it: Sir Alex Ferguson (fifa.com, 2013/05/08)です。

サー・アレックス・ファーガソの名言・語録、その英文と和訳を両方載せます。

中高生の皆さん、英語が苦手だけどサッカーに興味のある方、英語の教材だと思って読んで下さい。

語尾がおかしいのは勘弁して下さい。(雰囲気をうまく掴めませんでした。)

ユーモアがあって面白い語録でした。





「私の最大の挑戦は、現在起こっている事ではなく、リバプールを彼らの止まり木からノックアウトした事だ。」
最大の成果について。

※注、リヴァプールのエンブレムが「ライヴァー・バード」のため、リヴァプールの順位を「止まり木」と例えていると考えられる。(Wikipediaのページ

“My greatest challenge is not what’s happening at the moment, my greatest challenge was knocking Liverpool right off their perch.”
Ferguson on his biggest achievement




「もし我々が負ければ、この試合が終わった時に欧州カップは君達(選手達)からわずか6フィートしか離れていないのに、君達はそれに触ることさえできない。そして君達の多くにとっては、欧州カップに最も近づいた瞬間になるだろう。全力を出さずに、ここに戻ってくるな!」
1999年のUEFAチャンピオンズリーグ決勝のハーフタイムにおいて。

“At the end of this game, the European Cup will be only six feet away from you and you’ll not even able to touch it if we lose. And for many of you that will be the closest you will ever get. Don’t you dare come back in here without giving your all.”
Ferguson during half-time of the UEFA Champions League final in 1999




「信じられない。全く信じられない。(これが)フットボールだ。なんて日だ!」
バイエルン・ミュンヘンとの決勝での勝利について。

“I can’t believe it. I can’t believe it. Football. Bloody hell.”
Ferguson on winning that final against Bayern Munich


※'Bloody hell'はイギリスのお年寄り世代が使う罵り言葉らしい。多少意訳した。
「bloody hell」の意味と使い方




「今日はマット・バスビー卿の90歳の誕生日だったはずだが、彼はあそこ(カンプ・ノウのフィールド)で何度もボールを蹴り込んでいたと思うよ。」
バルセロナでの有名な勝利について。

“It would have been Sir Matt Busby's 90th birthday today, but I think he was up there doing a lot of kicking.”
Ferguson reflects on the famous victory in Barcelona

※Sir Alexander Matthew Busbyは84才でなくなった。(Wikipedia)




「彼(バスビー)からもらったアドバイスの最も重要な部分は、(新聞などの)報道に目を通さない事だった。それは素晴らしいアドバイスで、以来、新聞などは読んでいない。」
バスビーからのアドバイスについて。

“The most important piece of advice he gave me was not to read the press, it was great advice and I have not read it since.”
Ferguson on advice from Busby




「誰が監督になるのかを特定することは難しいかもしれない。たとえば、マーク・ヒューズが百万年も経たないうちに監督になるとは、誰も思っていなかった。それに、ブライアン・ロブソンなら最高の監督になれると、私達全員が確信していた。」
監督になった、彼の以前の選手達について。

“It can be difficult to pinpoint who would make it as a manager. For instance, nobody here thought Mark Hughes would become a manager, never in a million years, and we all thought Bryan Robson was a certainty to be a top manager.”
Ferguson on his former players becoming managers




「彼らは、彼(ヴェンゲル)が知的な人だと言っているね? 5つの言語を話すから!私は5つの言語を話すコートジボワール出身の15歳の男の子を知っているよ! 」
アーセン・ウェンゲルについて。

“They say he's an intelligent man, right? Speaks five languages! I’ve got a 15-year-old boy from the Ivory Coast who speaks five languages!”
Ferguson on Arsene Wenger




「第一レグの後、(恒例となっている)試合後のワイン会の際、彼は私をボスやビッグ・マンと呼び、確かにそれ(敬意?礼儀?)に満ちていた。彼の挨拶にまともなワインが添えられていれば、それは彼の助けになっただろう。実際に彼が私にくれたのは、ペイント・ストリッパー(塗料除去液)だった。」
ジョゼ・モウリーニョについて。

“He was certainly full of it, calling me Boss and Big Man when we had our post-match drink after the first leg. But it would help if his greetings were accompanied by a decent glass of wine. What he gave me was paint-stripper.”
Ferguson on Jose Mourinho



「彼ら(イタリア人)はお世辞と共にやって来る。彼らのお世辞はこうだ、『イングランド人はとても強く、私達は恐怖に震えている。私達はこれもできない、あれもできない。』その後、イタリア人達はあなた達(イングランド人達)を3-0で打ち負かす。」
イタリア人のお世辞について。

“They come out with the ‘English are so strong, we’re terrible in the air, we can't do this, we can't do that.' Then they beat you 3-0.”
Ferguson on Italian flattery




「その少年はオフサイドの位置で生まれたにちがいない。」
フィリッポ・インザーギについて。

“That lad must have been born offside.”
Ferguson on Filippo Inzaghi



「私は、彼がリーグ戦で15ゴールも取れない事に賭けた。私は彼との賭けの内容を変更するつもりだよ。もし彼が15ゴールしたら、私は賭けの内容を変更しよう。私はそうする事が許されるんだよ、なぜなら、私は監督だからね。150ゴールにするつもりだよ。」
クリスティアーノ・ロナウドについて。

“I bet him he wouldn’t get 15 league goals and I’m going to have to change my bet with him. If he gets to 15 I can change it and I am allowed to do that because I’m the manager. I’m going to make it 150 now. “
Ferguson on Cristiano Ronaldo




「もし彼の身長が1インチ高ければ、彼は英国で最高のセンター・ハーフになるだろう。彼の父親は6フィート2インチだって?私は牛乳配達人を調べるよ。」
ゲイリー・ネヴィルについて。

“If he was an inch taller he’d be the best centre half in Britain. His father is 6ft 2in - I’d check the milkman.”
Ferguson on Gary Neville




「デビッド・ベッカムは、英国で最高のサッカー選手だが、それは神から与えられた才能のためではなく、大多数の才能のない選手たちが考えもしないような執拗な勤勉さで練習をしているからだ。」
デイビッド・ベッカムについて。

“David Beckham is Britain’s finest striker of a football not because of God-given talent but because he practises with a relentless application that the vast majority of less gifted players wouldn’t contemplate.”
Ferguson on David Beckham




「おかしな出来事だった。私が100回または100万回試しても、二度と起こらないだろう。もしできていれば、現役を続けていたよ!」
デビッド・ベッカムの頭に蹴った靴が当たった事について。

“It was a freakish incident. If I tried it 100 or a million times it couldn’t happen again. If I could I would have carried on playing!”
Ferguson on hitting David Beckham in the head with a boot




「ドリブルでもスプリントでも、ライアンは最高のディフェンダー達を『捻れた血』にしてしまうことができる。」
ライアン・ギグスについて。

“Whether dribbling or sprinting, Ryan can leave the best defenders with twisted blood.”
Ferguson on Ryan Giggs

※'twisted blood'とは、日本語なら「血管や内臓がねじれる、こんがらがる」が近いか。
ギグスの素早い動きにディフェンダー達が翻弄される様子を表した言葉。
例えば、'REVEALED: First right-back given twisted blood by Man Utd legend Giggs





「初めて彼を見た時の事を覚えている。彼は13歳で、風の中の銀の紙を追うコッカースパニエル(犬種)のように、グラウンドの上に浮かんでいた。」
ライアン・ギグスについて

“I remember the first time I saw him. He was 13 and just floated over the ground like a cocker spaniel chasing a piece of silver paper in the wind.”
Ferguson on Giggs




「ルーニーと18歳で契約したとき、誰もが『21歳のときはどうなるだろう』と言っていた。今、彼は21歳で、人々は『25歳の時にはどうなるだろう?』と言っている。そういう風に常に運命づけられているんだよ。」
ウェイン・ルーニーについて。

“When we signed him [Rooney] at 18, everyone said ‘what will he be like at 21?’ Now he’s 21, people are saying ‘what will he be like at 25?’ It was always destined to be that way.”
Ferguson on Wayne Rooney




「時々、あなたは原っぱを見て、牛を見つけ、その牛が自分の原っぱの牛よりも良い牛だと思う。そう思う事はある。でも本当にそうなるだろうか?新しく見つけた牛が、元からいる自分の牛よりも本当に良く働く事は無い。」
ルーニーとマンチェスター・シティとの短い恋の戯れ(移籍の噂)について。

“Sometimes you look in a field and you see a cow and you think it's a better cow than the one you've got in your own field. It's a fact. Right? And it never really works out that way."
Ferguson on Rooney’s brief flirtation with Manchester City




「マンチェスター・シティかい?彼らは、ちっぽけなメンタリティ(精神性)のちっぽけなクラブだね。彼らが話せる事の全てと言えば、マンチェスター・ユナイテッドについて。彼らはマンチェスター・ユナイテッドから、離れる事ができないんだよ。」
マンチェスター・シティについて。

"It's City isn't it? They're a small club with a small mentality. All they can talk about is Manchester United; they can't get away from it."
Ferguson on City




「時には、騒々しい隣人がいる。それについては、何もすることはできない。彼らはいつも騒々しい。あなたは、あなたの人生に取り組まなければならない。テレビをつけて、音量を少し大きくしよう。今日、選手たちは彼らの勇姿を見せてくれた。それがすべての中で最高の答えだ。」
ダービーの日の勝利の後で。

'Sometimes you have a noisy neighbour. You cannot do anything about that. They will always be noisy. You just have to get on with your life, put your television on and turn it up a bit louder. Today the players showed their form. That is the best answer of all.”
Ferguson after following a derby day victory




「ハーフタイムでは、20点対20点になる可能性もあった!だが、しっかりと常識が引き継がれた。または、退屈なサッカーが引き継がれた!」
2005年、フルハム戦での3-2の勝利について。

“At half-time it could have been 20-all! But commonsense took over - or boring football took over!”
Ferguson on a 3-2 win over Fulham in 2005

※'20-all'は、テニスの得点になぞらえていると思われる。




「今は目が覚めている。squeaky-bum timeだね、私がこの時間を名付けるなら。」
2002/03タイトルレースの最終週に。

“It's getting tickly now - squeaky-bum time, I call it.”
Ferguson on the final weeks of the 2002/03 title race

※'squeaky-bum time'はSAFが使い始めた言葉。
直訳は、「キーキーと鳴く役立たずな時間」。
木やプラスチックの席で、スポーツを見て興奮して前後に身体を揺らす際の音に由来する。
転じて、シーズン終盤のタイトル争いで盛り上がっている期間を指す。
meaning of "squeaky bum time"





「彼を止める計画ならある。それはマチェッテ(スペイン語で山刀、鉈)だ!そしてプランBは機関銃だ!」
クリスティアーノ・ロナウドのレアル・マドリー移籍を止める計画について。

※つまり、力づくで止める、という事。

“I've got a plan to stop him: it's called a machete! Plan B is a machine gun!”
Ferguson his plans for stopping Real Madrid's Cristiano Ronaldo




「ファンの皆、ありがとう。あなた方の何十年にもわたる応援には、本当に頭が下がります。あなた方のクラブを指導する機会を得たことは名誉であり、とても大きな特権でした。マンチェスター・ユナイテッドの監督として過ごした時間は、私の宝物です。」
ファーガソン監督が退任を発表。

"To the fans, thank you. The support you have provided over the years has been truly humbling. It has been an honour and an enormous privilege to have had the opportunity to lead your club and I have treasured my time as manager of Manchester United."
Ferguson announces his retirement



にほんブログ村 サッカーブログへ
クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...