2016年11月5日土曜日

ボスコ・ジュロヴスキー監督、退任

ほんとにどうなるんでしょうね、名古屋グランパス?(´・ω・`)


中日新聞他の新聞報道(朝刊)によると、ボスコ・ジュロヴスキー監督(と闘莉王選手)は名古屋グランパスから離れるようです。

ジュロブスキー監督退任 グランパス、久米社長も辞任 (中日新聞)

さらに中日新聞の夕刊によると、豊田会長は代表権を返上、他の取締役3人(久米社長含む)も退任との事です。

グランパス3取締役退陣 豊田会長は代表権返上へ (中日新聞)



フロントの刷新は既定路線だったはずですが、ジュロヴスキー監督(と闘莉王選手)がチームを離れるとは思いませんでした。

フロント人事は、親会社であるトヨタ自動車からの出向でしょう。

それはいいのですが、サッカークラブは他の一般企業と異なる環境のため、フロントは不慣れな仕事に直面します。

また「コストカットしてやったぜ!」と得意絶頂になってもらわれては困ります。

それも、急に決まった事でしょうから、本人たちも平静かつ準備万全では無いでしょう。

フロント刷新の上で、1年でJ1に復帰させるためには、Jリーグとグランパスをよく知る監督と中心選手の慰留が当然の事だと思っていましたが、トヨタ自動車はそう考えなかったようです。

トヨタ自動車は知名度のある外国人監督を考えているようですが、「知名度のある外国人監督」が、果たして日本(極東)のJ2(2部リーグ)で指揮をとってくれるのでしょうか?

これから監督候補との交渉をすると思いますが、その間に選手達との契約交渉はどうなるのでしょうか?

派閥争い、勢力争いの流れとしては、久米さんの呼び戻したジュロヴスキー監督と闘莉王選手の排除は当然だったのかもしれません。

全く先が見えません。

サポーターも不安ですが、選手達も不安ですよね。


トヨタ自動車のこの行動が成功するとは思えません。(1年でのJ1復帰を前提として)

監督に知名度を求めている事が、致命的にチグハグです。

トヨタ自動車(大企業)の論理では当然なのかもしれませんが、小倉監督で既に失敗してますよね?

それとも数年はJ2にとどまる事を決定しているのでしょうか?

来シーズンの名古屋グランパスの成功を祈っていますが、トヨタ自動車の考え(優先順位)が理解できません。

続報を待ちます。




にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m

2 件のコメント:

  1. まったくです。
    認識が甘いとしか言いようがありませんね。
    素人にフロントは務まりません。

    返信削除
    返信
    1. 次も素人フロントだとは思いますが、フロントを含めて来シーズンの名古屋グランパス、どうなっちゃうんでしょうね?
      選手達、何名が残ってくれるか、不安です。(´・ω・`)

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...